家づくりの基礎知識~換気について~

家づくりの知識
家づくりの知識

こんにちは。てんぱです。今回は換気についてのお話です。

現在日本では、ホルムアルデヒドなどの有害物質によるシックハウス症候群を予防するため、24時間換気が義務付けられています。

具体的には、2時間に1回家じゅうの空気が入れ替わるように換気計画を考えなければなりません。

そして、その換気システムは大きく分けて第1種~第3種の3種類あります。

換気システム

第1種~第3種換気システムの違いは、吸気と排気を機械で強制的に行うか、自然に行うかです。

第1種換気システムは強制吸気、強制排気です。

第2種換気システムは強制吸気、自然排気です。

第3種換気システムは自然吸気、強制排気です。

このうち、第2種換気システムは住宅に使われることはほとんどありませんので、割愛します。

第1種換気システム

前述の通り、第1種換気システムは機械で強制的に(同時に)吸気、排気を行います。

そのため、家の中と外で気圧が一定に保たれます。後述する第3種換気システムの場合、捨てる空気の方が多いので室内の気圧が低く(負圧といいます)なり、玄関の扉などが重く感じます。

また、第1種の場合は熱交換を同時に行うことが多いです。

熱交換とは、夏場なら外の熱い空気を吸い込むときに、換気システム内で空気をある程度冷やして室内に送り込む仕組みのことです。

さらに細かく分けると、温度と湿度を交換する「全熱交換」と、温度のみを交換する「顕熱交換」があります。

また、第1種換気システムにはダクト式とダクトレスの2種類があります。

一般的にはダクト式の方が換気機能や熱交換機能、空気清浄機能などが優れていますが、導入コストやメンテナンスコストはダクトレスの方が安いです。

第1種換気システムは高気密高断熱住宅に導入されることが多いです。というより、低気密低断熱住宅に導入してもあまり効果が望めません。

第1種換気システムのメリット・デメリット

第1種換気システムのメリットとしては、以下のことがあげられます。

・吸気と排気を同時に行うため、室内が負圧にならない

・熱交換を行うため、室内の温湿度を一定に保ちやすく、冷暖房費も抑えられる

・空気清浄効果も期待できる

一方デメリットは以下の通りです。

・導入コスト、メンテナンスコストが高い(特にダクト式)

・ファンの音が気になることがある

・フィルターの掃除など、お手入れが手間

・高気密高断熱住宅でないと導入する意味がない

第3種換気システム

第3種換気システムは、強制排気、自然吸気です。

トイレやお風呂の換気扇、レンジフードなどから強制的に汚れた空気を排出し、壁に空いた吸気穴から自然にきれいな空気を吸い込みます。

最も多くの住宅で採用されているシステムです。

最低限の設備で済むため安価に導入できます。

ただし、しっかりと計画通り換気がなされているか疑問な部分もあります。

気密のとれていない住宅の場合、吸気口ではなく家じゅうの隙間から空気が入り込むため、吸気口が吸気口の役目を果たしていない場合があります。

換気がうまくいかず空気の滞留する場所ができると、二酸化炭素濃度が上昇したり、湿度が高くなってカビが生える原因になったりします。

また、家の中が負圧になるため扉などが重く感じることがあります。

第3種換気システムのメリット・デメリット

第3種換気システムのメリットとしては、以下のことがあげられます。

・安価に導入できる

・お手入れが簡単

一方デメリットは以下の通りです。

・熱交換されない

・換気が上手くいかないことがある

・家の中が負圧になる

どちらを選ぶべきか

では、第1種換気システムと第3種換気システムのどちらを選ぶのがよいでしょうか?

私の意見としては、家の性能と予算、自分自身の性格を考慮して選べばいいと思います。

高気密高断熱住宅で、予算のある方はダクト式の第1種換気システムがいいでしょう。

高気密高断熱だけど予算を抑えたい方は、できればダクトレスの第1種、それでも厳しければ第3種換気システムがいいと思います。

気密断熱はそれほどでもない方、もしくはお手入れがとにかく嫌な方は第3種換気システムがいいかと思います。

まとめ

最後にまとめです。

  • 換気システムには3種類ある
  • 第1種換気システムは強制吸気強制排気
  • 第3種換気システムは自然吸気強制排気
  • 第1種換気システムはメリット大だがコストがかかる
  • 第3種換気システムはデメリットも多いがコストは安い
  • 家の性能、予算、自身の性格を加味して選べばよい

皆さんのお役に立てば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました