家づくりの基礎知識~気密について~

家づくりの知識
家づくりの知識

こんにちは。家づくりについて目下勉強中のてんぱです。

今回は家づくりをするにあたって知っておくべき知識のひとつである「気密」について書いていきます。

「高気密高断熱」という言葉は、家づくりをしていない人でも、聞いたことぐらいはあると思います。

「断熱って何?」と聞かれた場合、その字面を見ればなんとなく意味は分かると思います。家に入ってくる「熱」を「断つ」。あるいは家から逃げていく「熱」を「断つ」ということです。

一方、「じゃあ気密って何?」と聞かれると正直よく分からないですよね。少なくとも私は分かりませんでした。

この記事を読めば、気密とは何か、なぜ気密が大事なのか、気密はどれぐらいあればいいのかなどが分かるようになります。

「気密」とは

「気密」とは簡単に言うと「家にどれだけ隙間があるか」を表す指標です。

C値(隙間相当面積)という指標で評価することができます。(値が小さいほうが高気密)

気密処理が施されていない家には、様々なところに隙間があります。例えば窓のレール部分やコンセントの穴、壁を構成する部材のつなぎ目などです。

新築する際、これらの隙間を埋める作業を、いかに丁寧にやるかが「高気密」に大きく関わってきます。

気密にこだわる工務店やハウスメーカーは、施工を丁寧に行う良い会社とも言えます。

気密が悪いとどうなるの?

「ちょっとぐらい家に隙間があったっていいじゃん」と思われるかもしれませんが、全然大丈夫じゃありません。住んでいる人の快適さや健康に関わってくるからです。

寒くて暑い家になる

隙間だらけの家は、外から空気が出入りし放題になります。

冬、いくら暖房で室内を暖めても、外の冷たい空気が入ってきます。

夏、いくら冷房で室内を冷やしても、外の熱い空気が入ってきます。

穴の開いたバケツに水を溜めるようなもので、いつまでたっても部屋は快適な室温になってくれません。

冷暖房費などのコストが高くつく

それでも部屋を快適にしたければ、冷房や暖房をガンガンに動かし続ける必要があります。

穴の開いたバケツに、蛇口を全開にして無理やり水を溜める方法です。

電気代も馬鹿にならない額になりますし、エアコンの寿命も短くなってしまいます。

高気密高断熱を売りにしている工務店だと、光熱費がどれくらい安くなるか、実例で紹介していることもあります。

換気もうまくいかない

日本の住宅は、2時間に1回家じゅうの空気を入れ替えることが法律で義務付けられています。

シックハウス症候群を防ぐための法律です。

気密性が悪いと、排気口から汚い空気を捨てる⇒吸気口からきれいな空気を取り込む、という流れがうまくいきません。

排気口付近の隙間から勝手に空気が入ってくるので、吸気口付近の空気はスムーズに排気口まで運ばれず、その場に残り続けることになります。

分かりやすい動画があったので貼っておきます。

快適な暮らしを実現する換気と高気密住宅の関係

動画ではC値=1がいいと言っていますが、高気密住宅を作っている人の多くは、それでも不十分と言っています。

ただ、一般的にC値が1以下になると、換気計画がうまくいくと言われています。

気密はどれぐらいがいいの?

では、気密はどれくらいにすればいいのでしょうか?

先ほども述べたように、換気計画を考えるとC値1以下は最低でも欲しいところです。

参考までに、大手住宅メーカーの中でも特に性能に定評のある一条工務店は、C値0.59を謳っています。

C値は0.5を切るとかなりレベルが高いと言われることが多いので、一条工務店はかなりいい線まで行っていますね。

しかし、気密にこだわりを持っている工務店のホームページを見ると「C値0.3以下保証!」などと書かれています。

このC値0.3はものすごくハイレベルな気密なのですが、こういった工務店さんの場合、実際に測定するときには0.2や0.1を目指していることが多いようです。

気密測定を行っている会社のブログなどを見るとC値0.1や0.2がバンバン出てきて感覚がおかしくなります。笑

ちなみに上記のブログの中で私が見たベストC値は0.038です。すごすぎます。

まとめ

最後に記事の内容をまとめます。

  • 気密とは家にどれだけ隙間があるかということ
  • C値で表される
  • 気密が悪いと室温を快適に保ちにくくなる
  • 無理やり快適にしようとすると冷暖房費がかかる
  • 気密が悪いと換気もうまくいかない
  • C値1以下で換気がうまくいく
  • C値0.5はかなりハイレベル
  • 実測値でC値0.1をバンバン出す会社もある

気密がいかに大切かわかっていただけたでしょうか?

この記事が皆さんの家づくりのお役に立てば幸いです。では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました