家づくり記録⑥地盤調査と微動探査

家づくり記録
家づくり記録

こんにちは、てんぱです。

少し前に地盤調査と微動探査の結果が出ました。

結果から言うと、地盤改良不要!とはいきませんでした。

地盤調査と微動探査

地盤調査はともかく、微動探査ってなに?という方もいると思うので、めっちゃ簡単に説明します。

一般的な地盤調査

家を建てる時の地盤調査は、従来「スウェーデン式サウンディング試験」という方法で行われてきました。

鉄の棒を地面に刺して地盤の固さを調べる方法で、当然固ければいいわけです。

しかしこの方法は、平常時(地震などが発生していないとき)の地盤の状態を調査しているだけであって、地震の際に揺れやすいのかどうかを調べることはできませんでした。

微動探査

そこで2016年の熊本地震を機に注目され始めたのが「微動探査」です。

微動探査は4台の地震計を地面に置いて、車が通過するときの微小な振動などから、地盤の揺れやすさを調べる方法です。

これにより、従来の地盤調査では調べられなかった「地盤の揺れやすさ」を知ることができるようになったわけです。

我が家の地盤調査、微動探査の結果

まず従来の地盤調査(スウェーデン式サウンディング試験)の結果は「大体固くていい地盤だったけど一部弱い部分があるから改良した方がいいよ~」でした。

「地盤改良いりません!やったね!」っていうのを期待してたんですが、まぁそんなには甘くありませんでした・・・こればっかりはしょうがない。

一方微動探査の方はといいますと、揺れやすさのランクが15段階あるらしいのですが、15段階中2番目に揺れにくい地盤でした!

と、いうわけで「全体的に結構いい地盤だったけど改良はいる」という結果になりました。

気になる地盤改良費は・・・

まったくの素人なので地盤改良費がいくらになるのかなんてさっぱり分からず、見積もりが出るまでドキドキでしたが、結果は税込みで約83万円でした。

資金計画時点では100万円で見積もっていたので、少し安くはなりましたが、やっぱり結構するんだなぁ~となんとも言えない気持ちになりました。(正直もうちょっと安いと思ってました笑)

ちなみにひとつ反省点として、もっと早く地盤調査をやってもらえばよかったというのがあります。

地盤改良費は絶対にかかってくる費用なので、土地を買った時点ですぐやっておけば、水回り等の仕様の資金計画が多少は立てやすくなったと思います。

もしも地盤改良費が200万とかになってたら、造作家具をあきらめたりキッチンをグレードダウンしたりしなければならない所でしたので。

まとめ

微動探査は最近注目され始めたばかりの方法なので、実施していない会社もまだまだ多いと思います。

ですが、地震大国である日本に家を建てる以上、必ずやった方がいい調査だと思います。

もしもこれから家を建てるのであれば、工務店の方に「微動探査やってください」とお願いした方が、長い目で見れば安心して暮らせるでしょう。

もちろん建物の耐震性もしっかりしてなきゃダメですけどね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました