良い工務店の探し方~良い家を建てる会社はどこにいる?~

家づくりの知識
家づくりの知識

こんにちは、てんぱです。

これから家づくりをはじめる人にとって、最も重要であり最も難しいのが「良い工務店」を探すことです。

私はウェルネストホームという会社で建てることにしましたが、日本には他にもいい家を建てる会社がたくさんあるはずです。

この記事を読めば、自分が家を建てる地域で選ぶべき「良い工務店」に効率よく出会えるようになります。

「良い工務店」とは

「良い工務店」を見つけるには、まず自分にとっての「良い家」とは何かを明確にしておく必要があります。

私にとっての「良い家」とは「省エネで頑丈、そして耐久性がある家」です。

これを満たした工務店の中で、外観等が好みの会社を選ぶのがいいかと思います。

その理由は、省エネであれば生涯にわたり光熱費を節約することができ、頑丈で耐久性があれば安全であることはもちろん、メンテナンスコストを節約することが出来るからです。

つまり安心に暮らせて、かつ経済的だからです。

そしてこれを実現するために必要な条件とは「高気密高断熱でパッシブデザイン、そして耐震等級3」です

高気密高断熱とは?

最近よく聞くようになった「高気密高断熱」ですが、意外と詳しく知らない人も多いと思います。

私自身、家づくりをはじめた当初は「高断熱はなんとなく分かるけど、高気密ってなんだ?」といった感じでした。

簡単に言うと、「高気密」とは建物に隙間がないこと、「高断熱」とは室温が外気温に影響されにくいことです。

「建物に隙間なんてないでしょ?」と思うかもしれませんが、窓のレール部分やコンセントの穴、壁や床を構成する板の隙間など、意外なほど多くの場所に隙間があり、外気が自由に出入りしています。

例えば冬場、気密性が低いとせっかく温めた室内の空気が外に漏れだしたり、外の冷気が勝手に室内に入ってきたりします。

これではいつまでも部屋は暖まらず、暖房費もかかってしまいます。もちろん夏場はその逆のことが起こり、家の中は暑く冷房費がかさみます。

一方断熱性が悪いと、真夏の直射日光を受けた窓や外壁を伝って熱が家の中に入り込んだり、真冬の冷たい地面が床を伝って熱を奪ったりします。

気密・断熱は片方だけでは不十分

高気密か高断熱、どちらか片方でもできていればいいのでは?と思うのは間違っています。これは服に例えると分かりやすいと思います。

例えばセーターはモコモコしていて暖かいですが、生地には隙間がたくさん空いています。

そのため素肌にセーターを着て外に出ると、風が冷たくてとても寒いことは想像がつくと思います。

これは高断熱だけど低気密な家と同じことです。

一方今度は薄手のレインコートを想像してください。手首や首元は隙間なくしっかり閉じた状態です。

素肌にレインコートだけを着て外に出てみましょう。変態性は置いておいて、やはり寒くてとても外にはいられないでしょう。

これは高気密だけど低断熱な家です。

高気密高断熱は二つそろってようやく意味があることが分かると思います。

パッシブデザインとは?

パッシブデザインとは、建物を取り巻く環境や自然の力を利用して、冷暖房費を抑えるような設計・デザインのことです。ざっくり言うと、冬場に太陽光を利用して家を暖め、逆に夏場に太陽光を極力入れないようにすることを言います。

大体下の図のようなイメージです。(もちろん実際はこんな簡単な話だけじゃありません)

自分の建物の配置や形状を考えるだけでなく、周囲の建物なども考慮し、冬はどこが日なたになるのか、夏はどうやって日陰を作るのかをしっかり考えて設計すると、年間の冷暖房費に大きな違いが出てきます。

太陽の力は誰でも無料で利用することが出来ます。これを使わないのはもったいない以外の何物でもありません。

耐震等級3とは?

耐震等級とは、その名の通り耐震性能をランク付けしたものです。

耐震等級1は建築基準法をなんとか満たすレベルで最も弱く、2は1の1.25倍、3が最も強く1の1.5倍の性能です。

例えば最近の熊本地震であったような震度6強~7クラスの地震が来たとき、耐震等級1の家は「即倒壊はしない」レベルです。その代わり大規模な修繕や建て替えが必要となります。命は守られますが、生活は守られません。

耐震等級2になると「一定の補修は必要だが住み続けられる」レベルです。

耐震等級3だと「無被害、または軽い補修で済む」レベルです。

「そんな大きな地震にあう可能性は低いから耐震等級2ぐらいでいい」という考えもあるかと思いますが、昨今の地震の状況や、30年以内に70~80%の確率で来るといわれている南海トラフ地震のことを考えると、多少お金はかかっても耐震等級は3は確保した方がいいでしょう。

ちなみに耐震等級3だと地震保険が半額になります。

良い工務店の探し方は?

さて、これらを満たす工務店はどうやって見つければいいのか。

答えは、『Googleで「〇〇 C値」で検索する』です。〇〇には自分が家を建てるエリア(市町村や都道府県)が入ります。

「C値」とは「相当隙間面積」のことで、家の気密性を表す数値です。

小さければ小さいほど良く、C値=1.0以下は最低条件。C値=0.5以下ならかなり高水準と言えます。ちなみに、C値=1.0すらクリアしていない工務店やハウスメーカーも少ないのが現状です・・・

「C値だけじゃ意味なくない?断熱性は?」と思いますよね。もちろんその通りなのですが、最初にC値である程度工務店をふるいにかけることに意味があるのです。

C値でふるいにかける意味

家の性能を表すものは、C値の他にも色々あります。

先ほどご紹介した耐震等級もそうですし、断熱性を表すUa値などもあります。

これらももちろん重要なのですが、C値でふるいにかけるのが最も効率的です。

理由は簡単で、Ua値は頑張るけどC値は微妙」という会社が結構ある一方、「C値は頑張るけどUa値は微妙」という会社は少ないからです。下の図でいう紫色の部分を探す感じです。

実は、断熱性を表すUa値は実際に測定できるものではなく「どんな断熱材を何ミリ使っているか」「窓の断熱性能はどれだけか」などの数値から計算されるものなのです。

つまり、使う材料と量さえ決めてしまえば、誰がどんな施工をしても(施工が適当でも)高断熱住宅はできてしまうのです。

一方C値は実際に測定できるので、ごまかしがききません。しかもC値は職人さんがどれだけ丁寧に家の隙間を埋める仕事をしてくれたかによって決まります。

つまり、C値の優秀な工務店は「丁寧な仕事をするこだわりのある工務店である可能性が高いのです。

それだけこだわって仕事をしているので「断熱性は別に…」という工務店がほとんどいないのは当然です。

C値でふるいにかけた後は?

まず、先ほどの検索方法で出てきた工務店のホームページをみて、C値で0.5以下を確保しているか確認します。ホームページでC値について触れている時点で、C値にこだわっている可能性は高いので探すのは簡単です。

それから、Ua値やパッシブデザイン、耐震等級についての記載を探します。

Ua値は、地域(省エネ基準地域区分)によって必要とされるレベルが異なります。HEAT20という団体が定めている断熱グレードでG2以上を目指しましょう。

最も多くの人に当てはまる6地域なら、0.46以下をまずは目指します。0.35前後であればなお良し。0.3を切るようであれば日本トップレベル(やりすぎという意見もあります)と言えます。

C値とUa値が優れている会社であれば、かなりレベルの高い会社です。さらにパッシブデザインであったり、耐震等級3をうたっている会社であればなお良いでしょう。

良い工務店を見つけたら

無事「良い工務店」が見つかったら、何はともあれまずは問い合わせてみましょう。

会社に行って話を聞いてみるのも大事ですが、モデルハウスがあれば見学させてもらう、構造見学会や完成見学会に行ってみるなど、実際に肌で感じてみるのが一番いいでしょう。真夏や真冬に行けばそのすごさがよく分かると思います。

その中で金額や内外観の好み、フィーリングが合うかなどを比較して選べば、後悔のない家づくりができるはずです。

まとめ

以上、「良い工務店」の探し方を自分なりに解説してみました。最後に記事の内容を箇条書きにまとめました。

  • 自分にとっての「良い家」とは何か考える
  • 「高気密高断熱」「パッシブデザイン」「耐震等級」が大事
  • 「〇〇 C値」でググる
  • C値は0.5以下、Ua値はG2グレード以上、耐震等級は3
  • 「良い工務店」が見つかったら実際に行って体感してみる
  • あとはデザインなどの好みで決める

この記事が皆様の家づくりの参考になればと思います。では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました